借金を整理し、新たなスタートを切ることは恥ずかしいことではありません。

債務整理とは?

お金を借りて返すことに困り、苦しんでいるのに、どうして専門家(弁護士など)に相談すると良いのでしょうか。

 

「専門家に相談すると費用が高い」
「相談したところでどうなるか分からない」
「借りたお金を返すことに苦しんでいる、なんて言うとバカにされる。恥ずかしい」

など、
お金が無いのに専門家にお金を払い相談し、状況が変わらないまま恥をかくだけ、従って「やめておこう」と思うのも無理はありません。

 

頭を抱える男女

 

 

しかし、ここに「債務整理」がきちんと理解されていない現状があります。

 

そしてあなたが専門家に相談し、適切な債務整理を行ったとき「もっと早くしておけば良かった」と思うことは間違いないでしょう。

 

まず、専門家に相談し負債(借りたお金)の整理を始めると「お金を返してください」という請求(取り立て・催促)が一切なくなります。また、お金を返す計画を立てるまでは、お金を返すことはできません。つまり、少しの間だけお金を返す必要はありません。

 

負債の整理の手続きをすると、しばらくの間、お金を返さないのに「お金を返してください」と請求されないということです。
請求することは禁止されています。
請求が続く場合は必ず相談している専門家に現状を伝えることが大切です。

負債を整理する方法はいくつかあります。

 

任意整理

司法の場など公の機関を通さず、貸し手(債権者)と借り手(債務者)の間で、利子を返す負担をなくし、月々の返す額を軽くしてもらう交渉をする手続きがあります(任意整理)。

 

少しずつでも返すことができる稼ぎがあり、できることなら負債を返したいという人に適した方法です。

 

 

民事再生

企業にも個人にも利用できる方法があります。
企業の場合は現在まで黒字が出ている、個人の場合は稼ぎの滞りはなく生活もさほど苦しくない、しかし、いずれも大きな負債を抱えており、返す負担が大きく苦しい場合、企業や家など、それぞれ財産は残したまま、借りた負債を軽くして、軽くなった負債を返していく計画を立て、再び生活を立て直す方向で考える方法(民事再生)です。

 

 

過払い

払う義務のないお金を払い続けているかもしれません(過払い)。
負債の整理を行うと「借りたお金を返していたつもりが、借りたお金ではなく余計なお金を払い続けていた」ということが分かり、その過度に払ったお金を負債の返済にあてる交渉もしてもらえます。

 

「過払い」については、「お金を借りたことがあり、何年もかかったけれど返し終わった」という人にもあてはまることがあります。
避けたい作業かもしれませんが、返し終わってから10年経っていない場合、過度に払ったお金が戻ってくるかもしれません。相談すると良いと思われます。

 

 

自己破産

再び生活を取り戻すための債務整理の1つが「破産」です。
破産は人生の終わりではありません。負債がすべて無くなり、新たな生活をスタートできます。ある程度の制限はありますが、生きていくために必要な最小限のものは保たれます。

 

専門家への費用は、最初の相談の際にしっかり話し合ってください。

 

専門家のオフィスによって大きく異なります。
債務整理の手続きを始めるときの費用(着手金)が無料のところもあります。

 

「有名だから高い。高いから良い」ということはありません。

 

「心無い専門家にあたるかもしれない」と不安を抱き「債務整理をしない」という結果にならないように、一般的な価格を調べ、必ずいくつかの専門家のオフィスを調べ、比較し検討することが望まれます。

女性バナー

 

債務整理とは、
専門家に相談し、抱えた負債の状況に応じた整理方法の手続きを行い、計画を遂行することで、再び平穏な生活を取り戻す手段です。

 

借りたお金を返すことが困難になり悩む前に、専門家に相談することが最善だと考えられます。

 

自分の借りたお金を整理することで良い結果になるためにも、相談する専門家を吟味してください。

 

任意整理に特化している、民事再生に特化しているなど相談するところによっても、それぞれ得意分野があるでしょう。
債務整理を熟知しており、様々な問題を取り扱ったことのある専門家が良いと考えられます。