司法書士は、借り手の負債の総額が140万円より少ない場合のみ扱うことができます。

弁護士と司法書士の違いやそれぞれのメリット

概して、
弁護士は、広い範囲で一般の法的な業務を行います。
司法書士は、主に登記の手続き、帰化の手続きを行います。

 

 

負債の整理を行う時、相談や交渉をお願いする上で、弁護士と司法書士の相違は何でしょう。

  • 弁護士は、借り手の代わり(代理人)として交渉することができます。
  • 司法書士は、借り手の代わりに書類を作成することができます。また、破産の申請を行い返済の責任を免除してもらえるように補助します。

 

一般的に、負債を整理するための交渉にあたり、
弁護士には「これを扱ってはいけません」という規制は何もありません。

 

一方、司法書士は、借り手の負債の総額が140万円より少ない場合のみ扱うことができます。
また、借り手が支払い過ぎていたお金が、貸し手1カ所に対して140万円より少ない場合も扱うことができ、取り戻すための交渉ができます。

 

弁護士は、何も規制されることなく借り手の代理を務めることができます。
従って、必要な書類を用意し、申請し、借り手の代わりに交渉することができます。
また、裁判が行われる場合も借り手の代わりを務めて交渉することができます。
このように一連の業務を規制されることなく行うことができます。

 

司法書士は、規制の範囲内であるならば、弁護士と同じように借り手の代理として案件を取り扱うことができ、裁判にも出ることができます。
この場合、法務省が認めた司法書士(認定司法書士)でなければなりません。
規制の範囲内でない場合は、借り手本人がすべての交渉にあたらなければなりません。
また予定していなかった費用も発生するかもしれないので、負債の整理の交渉を頼む際は、こういったことを考慮して選ばなければならないと考えられます。

 

 

 

全般的に、作業や交渉は弁護士の方がスムーズに行うことができそうですが、その分費用が高い場合があります。


 

そのため、規制の範囲内であるならば、「任意整理」「過払請求」については、負債の整理について熟知した、経験のある司法書士に頼むと負担が軽く済む場合があります。

 

自己破産」「民事再生」のように、裁判所が関係する場合は弁護士に頼むと作業がスムーズで余分な費用を抑えることができます。

 

いずれにしても、負債を整理するために専門家へお願いするときは、依頼にかかる費用、また借り手にとって適している負債の整理方法であるかなど、弁護士や司法書士と十分に話し合い、決めることが大切です。