信用情報機関に自己情報が掲載されて、新たな借入ができなくなります。

ブラックリストとは?

債務整理をするとブラックリストに載るといいますが、そもそもブラックリストとは信用情報機関に掲載される事故情報の事で正式名称でブラックリストと呼ばれているものは存在しません。

 

ローン会社や銀行などが融資を行う際には、信用情報機関で借入の審査をする方の借入履歴を確認します。

代表的な信用情報機関は以下のものがあります。

  • 株式会社日本信用情報機構(JICC)
  • 株式会社シー・アイ・シー(CIC)
  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)

 

お金の貸付や融資を行う金融機関はいずれかの信用情報機関から情報収集を行います。
信用情報機関は複数ありますが、情報自体はどこの信用情報機関も共有されているとみてよいでしょう。その情報の中に、返済を遅延したり債務整理を行うと債務の事故情報に掲載されてしまいます。

 

事故情報に載ってしまうと・・・

当然新規の借入・ローン等の審査が通過する可能性は極めて低くなり、ほとんどのケースがお金の借入ができなくなり、若干延滞をした履歴があり完済した実績があれば融通が利くケースもありますが、事故情報に債務整理が載っている場合は極めて、新規融資の審査が通過する見込みは少なくなります

 

このように信用情報機関の事故情報に掲載されると、新規の借入やローンの審査が通らなくなってしまうので、「ブラックリスト」と呼ばれるようになっているのです。

 

 

事故情報(俗に言うブラックリスト)に載ると、永遠に新規の借入・ローンが組めなくなる訳ではありません。

信用情報機関に掲載される事故情報は掲載期間がありますので、一定期間経過すれば事故情報の掲載が消え、融資の審査も通過する見込みが出てきます。

 

事故情報(ブラックリスト)の掲載期間は信用機関によって若干異なりますが、例えばJICCの場合は以下のようになります。

  • 入金予定日から3ヶ月以上遅延・・・延滞中ずっと
  • 延滞解消・・・ 延滞解消から1年間
  • 債務整理(契約先に返済額の減額等を申し入れた場合)・・・発生日から5年
  • 自己破産・民事再生(個人再生)申し立て・・・発生日から5年

となっています。

 

債務整理で自己情報(ブラックリスト)に掲載される期間は5年という所が多いですが、KSCでは自己破産民事再生(個人再生)については10年間掲載されます。

 

困っている男性

一概には言えませんが、消費者金融やクレジットカードなどの信販会社はJICCやCICを利用しているケースが多く、銀行ではKSCも合わせて利用しているケースが多いです。
ですのでクレジットカード等であれば5年、住宅ローンなど銀行から大きいお金を借り入れる場合は10年ほど新規借入などのローン審査通過が難しくなります。

 

また少し手間はかかりますが、各信用情報期間に自分の情報がどのように掲載されているのか?を開示してもらう事も可能です。