任意整理で大切なことは交渉力なので、借金問題に長けた弁護士を選び、交渉に臨むことが良い結果につながります。

任意整理

任意整理とは

「負債(借金)は返したいけれど、利子までは困難である、または、月々の返す額が、今のままでは首が回らない」という人に適している負債を整理する方法の1つです。

 

任意整理とは、司法の場など、公的な機関を通さず、貸し手(債権者)と借り手(債務者)の間で、利子や月々の支払い額を軽くしてもらうように交渉する手続きのことです。

 

 

交渉する風景

交渉することで負債の返済を軽くしてもらうことから「借金整理の示談」と表現されることもあります。

 

稼ぎがあり、負債は滞りなく返したいと思っている人に適しています。

 

 

なぜ、交渉することで負債が軽くしてもらえるのでしょうか。

その理由には、借りたお金に課せられる利率の最高限度に関する2つの法律(「利息制限法」および「出資法」)が関係します。一般的に正当であると言われている利率(利息制限法)は、借りたお金が10万円未満の場合は20%、100万円未満の場合は18%、100万円以上の場合は15%であると決められています。

 

ところが、我々の身近にある、テレビコマーシャルなどでも見かける金融業者が採用している利率(出資法)は、29.2%です。

 

勤めている社員や管理者、役員などを辞めさせる必要もなく、立て直しに協力させることができます。なぜ、このようなことができるのでしょうか。

 

例えば、元金200万円に対して、29.2%の利率が適用される場合と、15%の利率が適用される場合とでは、利率に14.2%の差異が生まれます。
この差異こそ、本来、返済義務のない利子である場合があります。
任意整理は、この返済義務のない利率の差異の部分を計算して、支払い過ぎていた部分を合計して、元々の負債にあてたり、利子の削減または免除した上で、今後、残金を生活に負担なく、3~5年間で返していく計画をたて、交渉する手続きです。

 

しかし、任意整理は言葉どおり、任意であるため、相手と交渉し、負債の整理を行うため、貸し手が交渉を拒否する限り成立しません。

 

そのため、借り手本人と貸し手との交渉で返済の負担が軽くなることは容易なことではありません。
任意整理で大切なことは交渉力です。

 

金融業者(貸し手)も交渉に応じる限り強硬な姿勢で対応してきます。
借り手も、借金問題に長けた弁護士を選び、交渉に臨むことが良い結果につながると考えられます。