負債の整理方法により費用が異なるため、よく話し合い、比較して専門家を選びましょう。

債務整理費用の相場

 

債務整理を専門家に依頼した場合の費用

費用は、依頼する専門家(弁護士、司法書士など)によって異なります。

 

専門家に納める対価(報酬)は主に
「案件に取りかかるための費用(着手金)」
「依頼の案件を扱った対価(基本報酬)」
「借り手の負債を軽くしたことへの対価(減額報酬)」
「借り手が過度に支払った額を取り戻したことへの対価(過払報酬)」
の総額です。

 

専門家への対価の限度額は決まっています。しかし、限度額を超える対価を定めた専門家のオフィスがあるため、他のオフィスと価格を比較し、冷静に選ぶことが大切です。

 

 

 

「費用が安価だから頼りない専門家」「名前がよく知られていて費用が高いから良い専門家」というわけではありません。


 

負債の整理を専門家へ依頼した際に支払う額または割合の目安

まず、案件に取りかかってもらうために発生する費用(着手金)は、専門オフィス(法律事務所など)によって大きく異なります。

例えば、お金を借りている機関が多数ある場合「取り扱う貸し手1カ所に対して1万円から2万円」というところや「案件1つに対して1万円」さらには「無料」というオフィスがあります。

この費用が必要な場合、支払うまでは手続きが進まないこともあります。
可能であるなら「着手金は無料」という専門家に要請できるとよいです。

 

 

依頼した案件を扱ってもらった際に専門家に支払う額(基本報酬)の目安

この支払いは必ず発生します。
お金を借りた機関1カ所に対して、おおよそ2万円から3万円です。
定額報酬や解決報酬など専門オフィスによっていろいろな言い方があります。できるだけ安価なところを選ぶと良いです。

 

 

借り手の負債を軽くしてもらったことに対する支払いの(減額報酬)の目安

負債額から減らしてもらった額に対して5~10%です。

例えば、返さなければならい負債が200万円あったところ、交渉により返す義務のある負債額が50万円になりました。
この場合、この減らしてもらった150万円に対して5~10%の支払いが発生します。
つまり「5%の場合、7万5千円」「10%の場合、15万円」の支払いとなります。

この減額報酬が0%(無料)の専門オフィスもあります。
無料のところやできるだけ安価なところを探すと良いです。

 

 

支払い過ぎたお金を取り戻してくれた(過払報酬)際に支払う目安

戻ってきた金額に対して20%ですが、裁判をした場合は25%になります。

割合だけを見ると「裁判をすると支払いが増える」という印象を受けますが、例えば、話し合いだけで払い過ぎたお金が「50万円」戻ってきた場合、この50万円に対して20%の支払いが発生します。専門家へ10万円支払い、借り手の手元には「40万円」戻ります。裁判をして「80万円」戻ってきました。
専門家への支払いは、戻ってきた80万円に対して25%の20万円です。
借り手の手元には「60万円」戻ります。一般的には、裁判をしてもらう方が戻ってくるお金が多いため、裁判をしてもらう方がよいと言われています。

 

 

その他、負債の整理方法により発生する支払いが異なるため、相談するのみの場合、料金を支払わなくてもよい専門オフィスがあるので、よく話し合い、比較し、選ぶとよいと考えられます。