任意整理後の一括返済は残債の1~3割が減額されることがあります。

任意整理後の一括返済は得なのか?

任意整理後に一括返済すれば得するチャンスがあります。

 

任意整理とは

基本的に将来の利息を停止して、月々の返済額を少なくした長期分割に組みなおします。

 

任意整理をして返済を続けている中で、相続、退職金、その他貯金ができた場合は、債権者と交渉して一括返済する方法があります。

 

利息が停止しているのでメリットがないように見えますが、債権者によっては任意整理後の一括返済は元本を含めた減額交渉に応じてもらえる場合があります。
任意整理後の一括返済で損をすることはないですが、条件が悪いとコスト的なメリットが少なく、再びお金に困った際に苦労するデメリットがあります。

 

利息停止の条件で長期分割払いできる特例が適用されているので、資金ができても無理して一括返済するのではなく、様々なリスクを考慮して慎重に検討しましょう。

 

 

どのくらいお得になるの?

一括返済で減額される?

任整理後の一括返済では、残債の1~3割が減額されることが多いです。
債権者(貸し手)から見ると、一度任意整理をしている人は利息収入を期待できないですし、完済するまで時間がかかり資金を寝かせてしまう状況になっています。

 

任意整理をした結果、遅延や貸し倒れが起こるケースも多いので、減額してでも一括返済してもらいたいと考えています。

 

債権者は減額することで損失を出すことがありますが、残債の大半が貸し倒れになるリスクを回避してキャッシュフローが良くなるのであれば減額してでも早く返してもらいと思っています。

 

ただし、減額される割合は交渉によって変わってきますし、債権者は交渉に応じつつも少しでも多く返してもらいたいと考えています。

 

任意整理後の一括返済は交渉次第で減額幅が変わってきて知識を持っていない人が直接連絡すると、減額なしの一括返済を案内されることもあります。

 

一括返済で減額割合を高くしたい場合は、弁護士・司法書士に依頼して交渉や手続きを仲介してもらうと有利です。
ただし、法律の専門家に依頼すれば手数料(報酬)を取られてしまいます。
まずは無料相談を利用してお得になる金額の見込みを聞いてから検討すると良いでしょう。
お得になる金額が少なく、貯金を残せない状況であれば突発的な出費に備えて手元に現金を残しておいた方が安心です。

 

 

浪費を抑える目的もある

任意整理を経験する人はお金を計画的に使えないケースが多いです。
一括返済できるお金が入ってきた中で、一括返済せずに手元に残してギャンブルや娯楽、買い物などで浪費してしまうリスクがあります。
債権者は債務整理経験者は現在お金を持っていても、将来に渡って適切に管理できないことを理解しているので、減額してでも一括返済に応じています。
任意整理した借金の原因がギャンブルなどの浪費だった場合は、減額幅が少なかったり手元にお金が残らなくても一括返済することで将来の浪費を防止できる場合があります

 

 

リスクを整理する

先の出費を考える夫婦

自立していない子供がいる場合は、将来の学費に備えて現金を残しておいた方が安心です。
住宅ローンの支払いを残して任意整理していた場合は、任意整理した分の一括返済よりも利息の減額を期待できる住宅ローンの繰り上げ返済に回した方がいいケースもあります。

 

お金の使い道や将来の出費リスクを整理して、慎重に検討しましょう。

 

どちらが良いか迷った場合は、法律事務所ではなく公的機関など中立な立場で話を聞いてくれる借金相談窓口へ相談すると良いでしょう。
法律事務所は相談者のメリット・デメリットを考えず、売上に繋がる一括返済を勧めてくることもあるので注意しましょう。