お金の工面がつかなくても、債務整理が出来る制度があることを知ってほしいと思います。

「特定調停」を行った人の体験談

 

特定調停ってどんなものなのか?

私自身が体験したことについて述べていきたいと思います。

 

私が行ったのは特定調停というものです。
この制度は簡易裁判所で行う債務整理のことをいいます。

 

難しいことはさておき、簡単にまとめると裁判所を介した任意整理のことです。

 

また特定調停に関していえば、特別な知識がなくても手続きをお願いすることが出来ます。

 

つまり、弁護士や司法書士の先生方に依頼するお金がなかったとしても手続きできるというメリットがあります。

 

任意整理と具体的に何が違うのかというと、任意整理は弁護士・司法書士の先生方が借金している業者の間に入って話し合いを進めてくれますが、特定調停の場合は裁判所が間に入って債務整理について手続きを進めてくれるという部分です。

 

主なメリットとしては、費用が少ないという部分や簡単な手続きで出来るという部分です。

 

また交渉自体も裁判所の調停委員の方が行ってくれるので面倒なことは一切ありません。

 

ただし、唯一のデメリットとしてはブラックリストに載ってしまうことです。

 

この時点で社会的信用がなくなってしまうので今後のことを考えるとクレジットカード、車のローン、借り入れ等が全くできなくなるという部分はあります。

 

そして、特定調停後に関してはいかなる理由があっても支払いが延滞してしまうと財産の差し押さえを受けてしまうことがあるので気をつけてほしいと思います。

 

 

特定調停を行ってみた感じたこと

私が特定調停を行った理由は、弁護士・司法書士の先生方に支払うお金の工面まで就かなかったことです。

 

この先、何の未来もないと思っていたのですが、特定調停の制度があるということで行ってみました。

 

やってみてよかったのは、借金でどうにもこうにも行かなかった環境がとりあえずは落ち着いたことです。支払いの利息などが緩和されたことや、業者との中間に入ってくれたことで精神的に辛くなることもなくなりました。

 

借金する私がいけないということはわかっていますが、お金が無くてもこういった制度があるということを知ってほしいと思います。