司法書士は人よりも事務所、弁護士は事務所よりも人で選ぶ需要が大きいです。

事務所よりも人で選んだほうが良い?

債務整理するための相談先選びは、弁護士と司法書士のどちらに依頼するかが重要です。

 

司法書士は負債の総額が140万円以下で任意整理や過払い金請求など対応出来る範囲が制限されています。
司法書士はできることが少ないので、個人の実力をアピールした運営をしている所は少ないです。

 

弁護士は、対応力が幅広く債務整理以外の案件をメインで扱っているケースが多いため、事務所よりも人で選ぶ需要が大きいです。

司法書士と弁護士の違いはコチラ

 

 

事務所ではなく人で選ぶメリット

債務整理に強い弁護士を探そう

弁護士は個人事務所から弁護士法人(ファーム)など規模が様々です。
複数の弁護士が在籍しているところは、法律事務所全体が債務整理に強いワケではありません。

 

債務整理に強い弁護士事務所を探すよりも、人で探した方が専門性の高い弁護士に巡り会える可能性が高いです。

 

弁護士によって報酬の設定は異なりますが、債務整理は借金を抱えている依頼者しかいないので、交渉力だけではなく報酬を含めて依頼者にメリットを与えないと高い評価を得られません。
報酬の高さよりも債権者との交渉力や豊富な経験から状況に応じた適切な手段を取ることが重要なので、報酬のことを考えずに選定するべきです。
実力や実績重視で選ぶメリットが大きいので、事務所よりも人で選んだ方が良いケースがあります。

 

 

目的と重視することで選ぶ

債務整理の手段が自己破産で考えがまとまっている場合は、弁護士の力量によって結果が変わる要素が少ないです。
自己破産の弁護士報酬相場は20~40万円です。
少しでも料金が安い所を選んだり、家から近い所を選ぶメリットが大きいので、人よりも事務所で探すべきです。

 

借金の悩みを解決したいけど、債務整理の方法で何を選んでいいか分からない場合や、正規業者のほかに闇金にも手を出している場合は抱えている問題に応じて専門性が強い弁護士や司法書士を選ぶべきです。
家族に内緒で債務整理を進めたいなど、秘密厳守の対応や柔軟性を重視して選ぶケースもあります。

 

また、借金問題はデリケートな問題なので話しやすい人に相談することが大切です。
相談する人の年齢や性別を指定したい場合は、顔写真付きで弁護士を紹介しているサイトを参考にしたり、事務所のホームページからスタッフ紹介を見て選びましょう。
弁護士事務所の多くは、弁護士を顔写真付きで紹介しているので、事務所で絞り込んでから人を見て再検討する方法もあります。

 

 

事務所重視で選んだほういいケース
  • 安さ重視
  • 立地重視
  • 無難な所を選びたい
  • 求めていることが過去の判例・事例に沿った内容

 

人重視で選んがほうがいいケース
  • 対応する弁護士や司法書士の力量で状況が変わる可能性がある
  • 値段や立地よりも質を優先したい
  • 複雑な事情を抱えている
  • 希望している条件のハードルが高い
  • 中立な立場で1番メリットのある手段を教えてもらいたい